手ぬぐいについて

手ぬぐいについて


手ぬぐいの歴史

手ぬぐいのことを古語で「太乃己比」(たのこひ)といい、この音便で手ぬぐいと言われるようになったのが定説。

手ぬぐいの歴史はかなり古く、古墳から発掘された埴輪にも鉢巻として使われているものが見られる。
鎌倉時代になって庶民の間にも普及され始めたようだが、利用度が高くなったのは戦国時代で、使い道も兜の下の汗よけなどに使われるようになり、色やデザインも色々と出回るようになった。
また、江戸時代に歌舞伎役者が自分の考案したデザインや家紋を染めた手ぬぐいを贔屓筋(ひいきすじ)に配るようになった。天明のころには、「手ぬぐい合わせ」という催しが広まり、それぞれの趣向を凝らしたデザインを手ぬぐいに染めて品評しあい、反響を呼び手ぬぐいはその頂点を迎えた。


手ぬぐいの染色

手ぬぐいの多くは「注染(ちゅうせん・そそぎぞめ)」か「捺染(なっせん)」という手法で染めている。

注染は、木綿の上に型を固定し、木べらでのりを置き、生地を一枚一枚重ねて、染め台の上で染料を注ぎ込んでいきます。生地の裏側までしっかりと染まっていて、裏表がありません。生地の目をつぶさないので吸水性も肌ざわりもよく、裏も表もない美しい染め上がり、注染独特の表現法であるにじみ・ぼかしの繊細さなど、質感の良いのが特徴です。

手捺染は1色ごとに型を作り、色糊をへらで刷り込むことによって生地に一色づつ色を浸透させる製法です。色糊を生地の上から刷り込んで染めるため、生地に表裏があります。細かい柄や多色使いのものも表現でき、デザイン性の高いものを製作することが可能です。


生地について

手ぬぐいには晒し(さらし)木綿が使われますが、織りの細かさなどによって、呼び名が違います。

最も織り目の細かく、上質とされるものを「特岡」(とくおか)と呼びます。しっかりとしてツヤがあり、浴衣の生地に使われることが多いです。

「上総理(上文ともいわれる)」は、やや目が粗いのが特徴です。染め具合も肌触りも柔らかく仕上がります。使い込むほど手や体になじみます。

生地はそれぞれの良さがあります。使うほどに感じ方も違ってきます。
「特岡では薄くて安っぽく感じた」と言う方もあれば「肌触りがよく体を拭いてもやわらかくて気持ちがよかった」という方もおられます。
「上総理はザラザラして肌触りが良くなかった」や、「通気性が良いのでスポーツに最適」と言われるかた、
などなど感想はさまざまです。使い込んでシーン毎にご自身のお気に入りの手ぬぐいを見つけてください。

使い方について

使い方について


拭く

●ハンカチのように汗をふいたり、手がぬれた時に使う。
●タオルのように体や顔を洗う時に使う


飾る

●十数枚の手ぬぐいを縫い合わせて浴衣として使う
●2枚の手ぬぐいを合わせてのれんとして使う

●無機質なティッシュケースを可愛く


包む

●冷えたペットボトルを包んで水滴落ち防止に
●お弁当箱を包む


隠す

●ブックカバーに


かける

●埃よけに


贈る

●ちょっとした贈り物の包装に


その他

●食べこぼし防止に膝にかけたり、エプロンにしたり
●暑い時濡らして首に巻いて熱中症予防に
●首やカバンに巻いてオシャレとして
●テーブルのアクセントとしてランチョンマットに


お手入れについて

お手入れについて


洗い方

たっぷりのお水で手洗いしてください。
おろしたては色落ちしやすいので、別洗いが望ましいです。


端の処理

「手ぬぐいの端がほつれてきます。どうしたらいいですか?」
よく伺うご意見ですが、
ほつれてくる箇所ははさみでチョキチョキしてください。
2~3回洗濯すると落ち着きますから、ここできちんと切り揃えると落ち着きます。

面倒なように思われる端の処理の「切りっぱなし」ですが、
江戸時代あたりには手ぬぐいは切りっぱなしが「良し」とされていました。
端を縫っていないからこそ乾きが早く、雑菌が溜まることもないので清潔に長く使えるのです。


寿命はいつ?

汚れたり、ほつれたりしたらその都度切って、いつも新しく!
小さくなってきたらハンカチやふきん代わりに、
色あせてきたらお雑巾にしたり、はたきにしたり、
最後の最後まで使っていただけます。


ページトップへ